一重の化粧仕方を気にする、しない

化粧デビュー



化粧の仕方は、その人の性格を表していると思う。
一重まぶたを気にしない化粧をしている人。


上手にアイラインをひいて、一重を隠す化粧をしている人。
その化粧の仕方でコンプレックスがわかったりするから愉快だ。
化粧は、ノリが大切である。


基礎化粧品でのケアが欠かせない。
このケアをしているか否かで化粧の仕方が思い切り変わってしまう。
初めて化粧をしたのは、親戚の結婚式に出た時、14歳の時だ。


母親から化粧の仕方を教わって、自分でしてみたものの
全くヘンテコリンになってしまい、可愛いとは、ほど遠くなってしまった。
若い時は、濃い化粧などしなくてもそれなりに見えるハズだ。


あれもこれもと化粧品を使った所でピエロの様になってしまう。
現代は、高校生が極普通に化粧をしていて、何か勿体ない。


コギャルブームが去っても、女子高生が化粧をするのは、当たり前だ。
今しか出来ない、ナチュラルな化粧を楽しめばいいのに、と思う。


化粧をしなくても綺麗で可愛いのは、今だけ。
だから化粧のデビューは、遅くていいと思う。
化粧の仕方に関連した記事でした。