化粧の仕方できれいに

限りなく綺麗に



化粧の仕方も色々ある。


TPOを考えるのは、勿論だが着物、洋服でも大きな違いがある。
基礎化粧品、下地、ファンデーションの色合いも考える年になってしまった。
これらがきちんとしていなければ、どんな化粧の仕方でも綺麗に出来ない。


乾燥肌のケア、日焼けによるシミ対策は、一番気をつけなければならない事。
肌の手入れを重点的にして化粧に挑んでいるが上手に出来ていない。


バレエなどを見ていて思うのだがアイラインを濃くしたら、遠目でも綺麗なのだろうか。
あんなに濃くしてしまったら、ピエロになってしまいそうである。


それを好んで化粧している彼女達は、化粧の仕方から学んでいると思うので
一度、化粧について聞いてみたいとすら感じる。
写真を撮る事がわかっている時の化粧は、口紅を濃くしたら良いと教わった。


口元で表情が変わるので強調した笑顔が上手い化粧なのだとか。
あまりに濃くすると、お化けの様に見えるので要注意。


化粧をするのなら限りなく綺麗に、限りなくエレガンスを目指したい。